債務者を救済する手段債務整理 笑顔で生活できるようになる方法

個人再生なら司法書士と弁護士どちらがよいか

法律の専門家である弁護士と司法書士には、業務の役割に違いがあります。

債務整理には、任意整理、自己破産、個人再生、特定調停という4つの手続きがありますが、任意整理に関しては、司法書士には取り扱える金額に上限があり、自己破産や個人再生は書類作成のサポートまでしかできないという制限があります。

ただ相続に関する問題があがったとき、相続登記については、司法書士の専門分野となっているので、それぞれに相談するメリットがあります。

借金の返済に困った場合には、債務整理という手段がありますが、個人再生は返済を続けていくことができることが前提ですから、安定した年収があることが条件となります。

借金相談は弁護士と司法書士のどちらが良いか?

借金をしている多くの人が疑問に思う部分で、借金相談については弁護士と司法書士のどちらが適しているか考えている人も多いことでしょう。オールマイティーなのは弁護士で間違いはありません。法律事務所によっては専門的におこなっているところもありますので、多くのノウハウや実績などがあるケースもあるでしょう。

しかしながら、なかには支払う費用が気がかりな人もいることでしょう。そうした場合においては司法書士に委ねることができます。司法書士に関しては一社に対して140万円以内と法律で制限がありますが、多額の借金ではない人には適した法律家になるでしょう。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

司法書士関連

債務整理、過払い請求を司法書士、弁護士に相談する前に頭を整理しましょう。

当サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくない内容が含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、京都、千葉、東京には多くの弁護士、司法書士がいます。