債務者を救済する手段債務整理 笑顔で生活できるようになる方法

契約書がなくても過払いが可能な場合

借入をしたのがかなり昔の事で、契約書なんか失くしてしまったという人もいると思います。契約書がないから過払いは絶対無理ともいいきれません。

その理由についてですが、取引をしていた金融機関など大まかな事が分かっていると、弁護士はあなたに代わって、過払いに必要な取引履歴の開示を要求してくれる事でしょう。

その結果、無事に消費者金融が応じてくれたのであれば、その履歴を元にして過払いの金額を弁護士が計算して、再度消費者金融に対して過払いの支払を要求する事ができます。

法律家としての資格を持つ人が過払いを行っても、すぐに対応しない消費者金融もある様で、その場合には時間がかかったり、うまくいかないという事もあるそうです。

過払い請求をするなら弁護士を利用してください

弁護士を利用することで、苦しんでいる借金問題から解放されることができるかもしれません。借金問題は、債務整理などを行い金融機関に過払い請求をすることが出来ます。利息制限法に従い、払い込みすぎている利息を返してもらう事が出来るので、多重債務で困っている方は多くの払いすぎた利息があります。

払いすぎた利息は、完済している借金にも適用することが出来るので、長年借金生活を送っている方はとてつもない金額が返ってくるので、借金生活から一気に抜け出すことが出来る場合もあります。過払い請求には時効が存在しますので、すぐに弁護士に相談をするようにしてください。

弁護士を利用し過払い請求をしてください

借金生活で苦しんでいる方は、弁護士を利用し過払い請求を行ってください。利息制限法に従い、払い込みすぎた利息をすぐさま、取り戻すことが出来ます。取り戻した利息で借金返済をすることが出来るので、大幅な借金減額をすることが出来ます。

払いすぎた利息は、完済している借金にでも請求することが出来ますが、時効が存在しますので、早めに行動するようにしてください。借金相談をすれば、すぐにどれくらいの金額が、払いすぎているのかなどを調べてくれるので、該当するなと思う方は、すぐに弁護士に借金相談を行うようにしてください。

過払い請求関連

債務整理、過払い請求を司法書士、弁護士に相談する前に頭を整理しましょう。

当サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくない内容が含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、京都、千葉、東京には多くの弁護士、司法書士がいます。