債務者を救済する手段債務整理 笑顔で生活できるようになる方法

債務整理で迷惑をかけない

保証人になってくれた人や、家族、親戚、友人、職場の人など近しい人に、自分の借金で迷惑をかける分けにはいかないと強く思っている人もいる様ですが、周りの人に言い出せず解決が遅れてしまっているという人もいます。

しかし、周りの人の事を思うと、早く問題が大きく膨らんでしまうまでに解決した方がいい場合も多いでしょう。

勇気がいる事かもしれませんが、無理そうだと感じた時には自分だけで何とかしようというのではなく、法律家に相談して債務整理を行うといいかもしれません。

ギャンブルなどのためではなく、家族の生活を支えるために借金をする人もいます。柔軟に考えて債務整理を活用し、少しでも早く確実な解決を目指しましょう。

債務整理の一つの方法である任意整理

債務整理の一つの方法として知られている任意整理ですが、手段のなかでも一番リスクの低い方法として紹介をされています。債権者との和解の内容にもよりますが、利息などのカットによって元本を3年で返済するような取り決めになるケースが多いようです。

そうした時に3年で返済できる能力が必要になってきますので、無理なようであれば他の債務整理の手段である民事再生や、自己破産の内容で返済することが望ましくなってくるでしょう。いずれにしても無理のない返済計画にすることが大切ですので、弁護士などと相談のうえ決めるようにしましょう。

債務整理である任意整理を考える

弁護士や司法書士の仕事の一つに借金相談というものがあります。借金相談については、大半が返済不能になってしまった人からの相談になります。そのような人たちに、救済策として利用するのが債務整理になります。債務整理のなかにはいくつか方法がありますが、そのなかでも任意整理をおこなう人が多くいます。

任意整理は直接債権者との交渉がおこなわれていますので、スムーズに解決しやすいメリットがあります。しかしながら、元本を3年ほどで返済できる人が対象となりますので、しっかりと借金相談をおこなってから決めるようにしましょう。

債務整理関連

債務整理、過払い請求を司法書士、弁護士に相談する前に頭を整理しましょう。

当サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくない内容が含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、京都、千葉、東京には多くの弁護士、司法書士がいます。