債務者を救済する手段債務整理 笑顔で生活できるようになる方法

個人再生という債務整理のメリットについて

司法書士でも債務整理は十分に可能です。

債務整理と言うと弁護士をイメージしがちですが、司法書士でも十分に債務の整理は十分に可能です。

借金の整理と言うと自己破産をイメージしがちですが、破産をすれば確かに借金は全額消失するのですが、同時に財産も失ってしまうのです。

マイホーム等の財産のある場合には、同時に失ってしまいますので、そういう方は個人再生を選んだほうが良いものです。

個人再生は、借金が全額消失するわけではありませんが、5分の1にまで減額はされます。マイホームを残し、残債を減らすのであれば個人再生のほうが良いです。借金の整理時は、よく検討して頼むようにしましょう。

債務整理の中でも任意整理が一番行われる手続きです

多額の借金で困窮している場合、弁護士に相談をすることで、債務整理をおこなえます。さまざまな手段を用いて、借金の返済猶予を求めたり、借金の減額をおこなっていきます。

その中で一番おこなわれる手続きが任意整理です。裁判所を通さずに金融機関に対し直接交渉をします。裁判所が関与していないので、財産没収などの制限を受けることなく、手続きを進める事が出来ます。過払い請求などでは、利息制限法に従い払いすぎ利息を返してもらうが出来ます。多くの借金で困っている方は、払いすぎた利息が多くあることが予想されますので、大幅な借金の減額をすることが出来ます。

債務整理と任意整理とかかる費用について

債務整理の一つである任意整理ですが、自分で続きできないこともないですが弁護士に依頼をして対応してもらうのが一般的です。そこで気になることの一つに費用がどの程度かかってくるのか疑問になります。まず弁護士に依頼する時の特徴として挙げられるのが「着手金」と呼ばれるものです。

こちらがどういったものなのかと言いますと、契約金のようなもので、依頼内容が成功しようが失敗しようが必ず一律でかかってくる費用です。こちらは借り入れ先によって異なってきますので、1社いくらという風に計算されていきます。当然整理する会社が多いほど高くなっていきます。

債務整理関連

債務整理、過払い請求を司法書士、弁護士に相談する前に頭を整理しましょう。

当サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくない内容が含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、京都、千葉、東京には多くの弁護士、司法書士がいます。