債務者を救済する手段債務整理 笑顔で生活できるようになる方法

自己破産を行った場合はどうなる

債務整理とは借金の返済が困難になってしまった人の金利の軽減や全額免除などをすることで債務者を救済する手続きを言います。

債務者の救済処置ではありますが、助けてもらえるだけではなく自身にとっても、飲まなくてはならない条件というものもついてきますので、今後の人生設計を見直した上で、しっかりと制度の内容を把握してから債務整理を行う必要があります。

債務整理を行うと今後の数年間はどこからも借金をおこなうことが不可能となりますので、車や家のローンなども組むことができなくなります。
借金の返済ができない状況を救済するのですから、当然といえば当然ですが、制約がついてまわるといったことも理解しておく必要があります。

また、債務整理の中でも、自己破産を行った場合の殆どはローンが数年は組めないといった軽いものではなく、一生ローンは組めないと考えておく必要があります。

借金の返済をまったく行わなくてもよくなるかわりに、それなりのリスクも背負わなくては自己破産はおこなうことができませんので、安易に現状が苦しいからといって、簡単に自己破産をおこなうことは避けた方がいいと言えます。

自己破産を行わなくても、債務整理の殆どは、返済を目的とした救済処置を選ぶことが可能なのです。

自己破産をすることで多重債務から解放されます

日本には、多重債務で苦しんでいる方がとても多く居ます。そのほとんどが誰にも相談することが出来ず、一人で抱え込んでしまっています。そんな時に味方になるのが、弁護士で弁護士に借金相談をすることで、債務整理を行い借金の減額をすることが出来ますし、人に話すことで精神的にもスッキリすることが出来ます。

借金額と収入や財産を照らし合わせて、分割でも返済が難しいという場合には、自己破産宣告をすることを勧められることもあります。裁判所へ手続きを取ることにより、借金の返済を全額免責してもらえます。現時点での財産は全て没収されますが、自己破産後の財産は全て自分の物にすることが出来ます。

多重債務は自己破産で無くすことが出来ます

重複した同じ期間に、複数の金融業者から借金をしてしまっていることを多重債務と言い、その結果、抱えた負債を返済できないまま、生活苦に悩んでいる人も多くいます。そんな時は、弁護士に借金相談をすることで、困窮した生活から解放されることが出来ます。

債務整理などを行い、借金返済の目途を立てていくことが出来ますし、どうしても返済の目途を立てることが出来ない場合には、自己破産をすることが出来ます。自己破産をすると、私生活でも一定の制限を受けることになりますが、借金生活からは解放されますので、弁護士を利用し破産宣告をしましょう。

債務整理関連

債務整理、過払い請求を司法書士、弁護士に相談する前に頭を整理しましょう。

当サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくない内容が含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、京都、千葉、東京には多くの弁護士、司法書士がいます。