債務者を救済する手段債務整理 笑顔で生活できるようになる方法

債務整理は相談窓口があります

借金の返済が出来ないだけでなく、今後の人生設計までできないような生活状態になってしまい、これから先の人生を悲観的に考えてはいないでしょうか。

返したくても、返せない状況になってしまうということは望む、望まないに関係なく起こってしまっていることなのです。

ですから、思い悩んでいるのではなく、どうしたらいい解決方法があるのかを相談してみてはいかがでしょうか。
そんな状況では仕事も手につかずますます生活ができないといった状況になってしまいます。

こういった相談は専用の相談窓口があったり、弁護士事務所や、司法書士の事務所などでも相談することができます。

債務整理について、専門の知識をもったプロに相談することで、これから先の人生設計もやり直しをすることが可能です。

債務整理を弁護士に依頼した場合について

貸金業者から借金をしてどうしても返せそうにない時には、弁護士に相談するのが賢明です。期限までに返済できずに、新たに、新しい貸金業者と取引をはじめてしまう人も少なくありません。

2社以上の貸金業者から借金している人を、多重債務者といいますが、取引の貸し金業者が増えれば増えるほど、返済は難しくなります。弁護士は、その人に最も合っている債務整理の方法を提示してくれます。リスクやデメリットが少ないのは、裁判所を介さない任意整理です。任意整理は、グレーゾーンで払いすぎた分の利息を、返すお金から差し引いて計算し、借金を減らすやり方です。

債務整理が必要なら弁護士に相談します

借金を貸金業者からおこなって、返済できなくなってしまった時には、弁護士に相談しましょう。債務整理の方法はいくつかあります。その中からリスクやデメリットの出来るだけ少ない方法を提示してもらえます。

たとえば、任意整理は裁判所を介さないので、手続きも面倒でなく、貸し金業者との合意があれば成立します。

グレーゾーンで払いすぎた利子を、借りたお金から引き算して借金を減らし、3年から5年に返済期限を延ばして無理なく返済出来るようにします。そのために、少なくとも3年から5年の間は継続して安定した収入がある事が条件になります。

多重債務状態を解決する債務整理の自己破産

さまざまなことから、気がつけば多重債務になってしまった人もいるでしょう。そうした人においては、多額の借金を抱えている可能性がありますので、何とかして解決することが望まれることでしょう。

そこまでの多額の借金になってしまいますと、今後においての返済もままならないことがあげられ、債務整理としての手段も個人再生や自己破産が適応される事態になるかも知れません。しかしながら、借金の解決をおこなうのであれば、適正な方法で解決をしてくことが必要になってくることでしょう。一刻も早く、借金の問題が解決するといいですね。

債務整理の自己破産手続きを行う前に専門家の判断を仰ぎましょう

多額の借金に追い詰められた方は、往々にして正常な判断力を失っています。適切な債務整理による、借金完済の可能性が残されていたとしても、自己破産するしかないと思い込んでしまう場合があるのです。

このような冷静さを欠いた状態で、万が一悪徳弁護士に相談をしてしまうと、高額な手数料で必要のない自己破産を行なってしまうかもしれません。このような事態を招かないためにも、あらかじめ弁護士事務所の評判を調べたうえで、適切な債務整理を診断してもらう形で相談すると良いでしょう。過払い請求や、個人再生など、借金を大幅に減らせる方法は多数存在しています。

過払い請求、債務整理なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

債務整理関連

債務整理、過払い請求を司法書士、弁護士に相談する前に頭を整理しましょう。

当サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくない内容が含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、京都、千葉、東京には多くの弁護士、司法書士がいます。