債務者を救済する手段債務整理 笑顔で生活できるようになる方法

司法書士ではすべての過払いに対応できない事もある

多くの人が過払いの相談先として選んでいるのが弁護士や司法書士などの機関です。難解な問題を解決する際に、法律は高い効力を発揮しますので、この様な機関に相談する事は適切でしょう。

しかし、司法書士では対応できないケースもありますので、自分の状況を考えて、どこに相談すればいいのかをまず決めましょう。

借入額が多い場合には対応してもらえません。他にも裁判となった場合には、弁護士が必要になります。

相談は司法書士にお願いして、裁判となった際に別途弁護士を見つけるという事も可能の様ですが、手間や費用を考えると最初から適切な機関を選んでおいた方が話は早いでしょう。

過払いにおいて解決に取り組むなら最短で解決したいですね。

過払い請求を弁護士と考える

債務整理の一つとして過払い請求がありますが、この方法については他の債務整理と異なり、払いすぎたお金を取り戻す内容になります。このことについては大きく報じられるようになりましたので、多くの人が知っていることでしょう。メリットばかりが伝えられていますが、その一方でデメリットやリスクなどがあります。

万が一、過払い請求を失敗してしまいますと、信用情報に掲載されてしまいますので、的確な判断が必要とされています。このことについては弁護士と考えることで解決することが可能になります。せっかくおこなうのであれば、デメリットやリスクを軽減したうえで実施したいですね。

弁護士が実施する過払い請求

弁護士が実施する過払い請求においては、一時期ブームになったことが挙げられます。請求自体に期限が定められていますので、そのような意味でも該当するような可能性がある人は、早急に対応された方がいいでしょう。

弁護士については無料で調査や相談をおこなってくれる場所もありますので、費用が心配な人においてはそうした法律事務所を利用することも、一つの方法になることでしょう。該当するような場合においては、過払い金が返還されますので、早めにおこなうことが必要になるでしょう。過払い請求に関しては債務整理のなかでも、早い段階で解決できますので、早めにおこなうに越した事はないでしょう。

過払い請求手続きは弁護士に頼むべきか

消費者金融から借金をした経験があるなら、過払い請求をできる可能性があります。グレーゾーン金利とよばれる、以前の法律で存在していた金利を支払わされていたもので、返還される権利があります。

けれども、返還手続きをしなければ返還されません。放置していると、手続きでさえできなくなるので、注意が必要です。手続きは自力ですると、消費者金融とのやり取りに疲弊してしまうかもしれません。過払い金問題に精通し十分に実績がある弁護士に、手続きを依頼するといいでしょう。契約書、明細書がなくても大丈夫なので、まずは相談します。

大阪、京都、神戸の弁護士みお綜合法律事務所

多重債務、債務整理、任意整理、過払い請求、自己破産の相談やB型肝炎訴訟、給付金の相談。交通事故に強い弁護士です。 交通事故の慰謝料や後遺障害などの相談。

過払い請求、債務整理なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

過払い請求関連

債務整理、過払い請求を司法書士、弁護士に相談する前に頭を整理しましょう。

当サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくない内容が含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、京都、千葉、東京には多くの弁護士、司法書士がいます。