債務者を救済する手段債務整理 笑顔で生活できるようになる方法

過払い金返還請訴訟は弁護士だけではない

過払い金返還請求訴訟についての専門家といえば、弁護士が有名です。しかし司法書士もまた、その専門家の一人なのです。

ですから返還の合計金額が140万円を超えない場合なら、司法書士にも取り扱うことができるのです。

ちなみに一般的な借金相談をするなら、弁護士と司法書士の両者共に無料相談を受け付けてくれる事務所も増えてきていて、ネット検索などで手軽に探すことができます。

また、実際に過払い金返還請求の訴訟を起こすとすると、弁護士事務所に依頼するほうが少し料金が高くなる傾向があると言われています。もちろん、これは事務所にもよりますので絶対ではありません。

過払い請求を弁護士に依頼するメリット

過払い請求には、任意での交渉と訴訟による交渉の2種類あります。どちらにしても貸金業者と個人で交渉する事は困難です。請求時に債務が残っている状態であれば、弁護士に依頼して受任されれば本人への取り立ては止まります。

本人が請求書を発送しても取り立ては止まりません。貸金業者に取引履歴の開示を要求して、法定金利に引き直し計算をします。貸し金業者ら取引履歴が届までに1か月から3か月かかります。取引履歴によって返還請求をします。貸金業者への返還要求は電話や書面で行います。返還に応じない場合は裁判所に訴訟を提起します。個人がここまで行うのは困難です。

多重債務の一環としての過払い請求

多重債務になって返済が滞り、どうしても返済が出来なくなってしまったら、一人で悩まないで弁護士に相談するのが賢明です。無料の相談を受けている弁護士事務所も多いです。借金の相談といえば話は進んでいきます。心配な弁護士費用の事も、依頼する前に聞いておけば安心できます。

2社以上の貸金業者の取り立てはかなりきついものです。返済できれば問題ないのですが、利子さえも返すのが精一杯で、返済のために新たに貸金業者と取引をはじめるのでは解決できそうもありません。過払い請求も債務整理の方法のひとつとして取り入れます。

過払い請求は弁護士と司法書士のどちらに依頼すべきか

過払い請求のことを知り、貸金業者に請求をおこないたいと考える人も多いようです。そうしたケースにおいては、自力で行うこともできますが、リスクが伴うことが予想されますので、法律家に依頼し代理で請求を行ってもらうことが良いでしょう。

法律家においては、弁護士や司法書士に依頼することができます。司法書士に関しては費用が安いですが、140万円以内の案件と決まりがありますので、そのことを注意して依頼するべきでしょう。万全にしておきたいのであれば、弁護士に依頼するのが一番になるでしょう。いずれにしても、慎重に対応をしてくださることでしょう。

過払い請求、債務整理なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

過払い請求関連

債務整理、過払い請求を司法書士、弁護士に相談する前に頭を整理しましょう。

当サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくない内容が含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、京都、千葉、東京には多くの弁護士、司法書士がいます。